TU

遂に剛くんのソロまで手を出してしまいました(羽ばたいていくお金)。光一くんのソロはまだですが、今年のツアーが映像化されたらソロコーナーがある訳で。そこから広げていこうと思っております。楽しみ楽しみ。

 

光一くんは歌、ダンス、照明、ステージ、カメラワークなどなど全てひっくるめた総合的なステージが好きで、剛くんはとにかく音楽が好き(全ての根底に音楽があってそこから自然と生み出される踊りや演出)、という勝手なイメージを持っているので、その辺の答えあわせも徐々にしていけたら楽しそうです。2人とも音楽が好きではあるんだろうけれど、その好きのベクトルが全く違う気がしています。それって、一見デュオとして良くない気がするけれど、でもいい方向に転がると物凄い強みになりますよね。これだからKinKiが好きです。

 

とりあえず、最初にカバとTUを購入。TUは中々クセが強そうだったのでカバも買ってみたのですが、TUの方がリピート率が高いです。ちなみに、bayfmで放送されている剛くんのラジオで流れていたTu FUNKが頭から離れなくてCD購入を決意しました(笑)その割に8割以上の確率でラジオ聞き忘れるんだよな…録音してるけど。

 

ファンになる前は石を持って歌っていた衝撃のMステのイメージしかなかったので(失礼)、自分でもここまで気にいるとは驚きです。でも、好きな人とそうでない人が本当にキッパリ別れるだろうな、とは思いました。初っ端のTu FUNKからして、誤解を恐れず言えばナンセンスじゃないですか。そこを面白がって楽しめる人は楽しいし、え何これ…と思う人はそこまでっていうか。いや、ナンセンスなだけじゃないんですよ、もちろん。あとは、“KinKi Kidsの”堂本剛が好き!、というだけでついて行けるか、というとこれまた結構厳しそうな印象。聴けば聴くほどバンドの人達の演奏も面白いのでそこも楽しめるかどうかがネックなのかな。音楽的な知識どうこうじゃなくて(知識があるに越したことはないけれど、無くても楽しめます。例:私)、音楽が好きかどうかですね。

 

ではここから勝手にTUの中のお気に入りを発表します。

収録順なのでランキングではありません。

 

Tu FUNK

好きだな。何だこの曲は。最初に聞いたときはマジか。と思ったけれど、クセになります。好きだな。この曲が楽しめる人はアルバム通して楽しめる…はず。何というか、あぁこれを演奏している人、みんな楽しいんだろうな…と思います。楽しさの伝染って良い。

 

天命さん

悔しいけど好きなんだよ!いや、歌詞はおいマジかよ!堂本剛マジかよ!と思いますけどね、“駆けたいんだ”ってとこの上がり方マジで気持ちいいんだよな。何か悔しいけど。本当に好き。ただ、親と車に乗っているときは絶対に聴きません。天命さんと人類の此処だけ抜いてプレイリスト作ったレベルで親とは聴きたくない(笑)

 

恋にも愛にも染まるような赤

何を隠そう、この曲こそあの石を持って歌っていた曲。堂本剛が何か石持って歌ってる!という衝撃のあまり肝心の曲の方は記憶からすっ飛んでいましたが、いやめっちゃカッコイイじゃないすか!何で無視してたんやあの頃の私!むしろこの曲の印象もすっ飛ばすってクリスタルの衝撃どんだけだよ!イントロからドンピシャでカッコイイですよね。(語彙力と表現力の欠如)Tu FUNKがぶっちゃけ理解できなくて楽しめなかった人でも、天命さんに引いた人でもこの辺りは聴きやすいと思います(笑)単純にカッコイイです(3回目)。

 

Heart Disc

私の中で一番のヒット!何これ最高かよ!ドンピシャだよ!(2回目)歌詞も好きだし、メロディも好き。あと歌い方が好き。語彙力がないのが辛い。ライブで演奏しているのが早く観たいです。(DVDは持っているのですが諸事情によりまだ観ておりません)Heart Discって云う 赤い記憶を 回して 踊りだそうの段階で、もう!全面降伏。とにかく、聴いてください!後半も聴いていて気持ちよくて好きです。あのファーっと突き抜ける感じ。突き抜けてるんだけど、良い感じに力が抜けてる、みたいな(伝われ)。

 

いま あなたと 生きてる

この曲の壮大な感じ良いですよね。天命さんと同じ人が作って同じ人が歌ってて、同じアルバムに収録されてんだぜ!笑うわ。私のイメージでは、これが一番あー剛くんっぽいなと思う歌詞かも。歌い方も好きです。あなたにだけ歌える 世界を教えてよとか愛していいのよ 恋していいのよとかこの辺り好きですね。圧倒的堂本剛感。いやーいい曲!と浸った後にシークレットトラック的なものが始まり、最初はビックリしました(笑)それもまた剛くんらしくて嫌いじゃないです。

 

 

結果、堂本剛の声と歌い方が好きだと気づきました(遅い)。[si:]も持ってるんですが、カバとかTUみたいな最近の方が声も歌い方も好きです。Grateful Rebirthも欲しいし、インストのディスクがあるやつも欲しい…(タイトル忘れた)。そして、何と言っても今現在の堂本剛を楽しみたいので新作を待ちたいと思います。

 

TUを聴いてみて、ジャニーズにはないタイプの音楽だな、と思うのと同時にジャニーズにいてくれて良かった、とも思いました。堂本剛がジャニーズにいなかったら、私は多分このジャンルに出逢っていないと思うし、そういう人は私1人ではないはず。それに、全く別のジャンルを好む人まで巻き込むということ(この場合アイドル好きをファンクに巻き込む)は誰にでも出来ることではないと思うし、リリース時には音楽番組にも出られるのは大きい。

一方で、ジャニーズだからこそ制限される部分もあるのは確かだろうし、ファンからすればそこは悔しいところですよね。そもそも、ジャニーズというだけで聴かない人も一定数いるし。ジャニーズであることのメリットとデメリット。その辺りの調節がもっと上手くいけば良いなと超絶新規ながら考えています。しかし、考えても答えはでないのでとりあえずTu Tu歌っておくことにします(笑)

 

 

TU ふつうよし(通常盤)

 “ふつうよし”と“とくべつよしちゃん”って付けちゃうあたり、ツボです(笑)