V6デビュー22周年おめでとう!

V6デビュー22周年おめでとうございます!!

V6ファンになって早くも2年…!時の流れ早すぎて怖いです(笑)

 

私は今回のツアーは観ることができなかったのですが、グッズだけ買いに行きました。その時買ったパンフレットを読んで剛くんのコメントがとても印象に残りました。

 

パンフレットのインタビューで剛くんは、V6はもっと大人なグループになれるんじゃないか、色んなことを手広くやるのではなくてこれと決めたものにフォーカスを絞っていくほうがいいんじゃないか、とういうような事を語っていて(ニュアンス)、それーーーー!と思いました。この話はアルバム発売時期に掲載された日経エンタでの座談会の時もしていたと記憶しています。

 

剛くんって、1人で出演したバラエティ番組でメンバーの半分はキライですと言い切ったり、とにかく冷めてる冷男として紹介されたり、ファン以外から見ればこの人V6やりたくないんじゃ?と思われても仕方ないなという場面がちょくちょくあります。

 

でも、やっぱり剛くんのダンスは目をひくし、坂本くんや井ノ原くんのような歌の上手さとはまた違う、表現としての巧さがあるなと思うし、こういうインタビューを読むと森田剛の感覚は信頼できるな、と再確認します。

 

健くんのプロデュース力はV6ファンの間では既に定評があります。彼の場合パフォーマンスにおいても、MCにおいてもファンが見たいV6を客観視した上で色々実現してくれているんだと思います。実際、私がファンになってからのV6のアイドル活動としての核は三宅健が担っている印象です。そんな健くんの分析力とファンの声を拾い上げてくれるところと、剛くんの表現者としての感覚が合わさったらV6ますます最強じゃん⁉︎と思うわけです。

 

23年目のベテラングループにしか出来ないことをもっともっとやって欲しい。Can't Get Enoughのリリースはその可能性を見せてくれたと思います。COLORSも悪くないんだけど、私はCan't Get Enoughの後だと物足りないかなと思いました。来年出るであろうシングルが既に楽しみです。まだまだ知らないV6に出会いたいな。

 

パンフレットを読んでいて、剛くんにもっとV6を引っ張っていって欲しいなーと思ったけれど、V6の良さはユラユラ流れていくところでもあると思うので、結果的に6人が健康で幸せでいてくれたら文句ないです(笑)楽しく生きてね!V6!!!いつも幸せをありがとうございます!

 

 

ハロプロの沼にハマっちまった!ってとこから女子アイドルについて長々考察した。

V6にハマってしばらくして、Twitter上でモーニング娘。のまーどぅーは剛健に似てる!(関係性の話)という趣旨の投稿を何度か見かけて気にはなっていたものの、女の子のアイドル興味ないんだよなーで流し続けていた私。…ついに!沼にドボン!(でも剛健とまーどぅーはそんな似てないと思う)しかも、もうすぐどぅー卒業!つら!

今のところモー娘。アンジュルムが好きです。モー娘。ならどぅー(工藤遥)とちぇる(野中美希)、アンジュルムはりかこ(佐々木莉佳子)とかみこ(上國料萌衣)推しです!あとたけちゃん(竹内朱莉)も好き!あとむろたん(室田瑞希)も!

 

しっかしハロプロって全体的に若い!年下ばっかり!今度卒業するどぅーもまだ17歳(学年的には18)だけど、丸6年もモー娘。に居たんですよね。ひぇー!

どぅーの場合女優としてのキャリアを目指しての卒業だからあまり関係ないけれど、女の子のアイドルってやっぱり続けるのが厳しくなってくる年齢があるんだよな…。いや、年々高齢化していく近年のジャニーズがおかしいのもあるけど。

 

フリフリの服とかミニスカートとか着て歌って踊るアイドルが多いから、やっぱり20代後半になってくると難しいなと思っちゃう。ジャニーズみたいに、デビューしてからはメンバー固定(辞める人はまれにいる)っていうならメンバーがともに歳をとるから衣装や楽曲の方向性も徐々に変えていけるけれど、今の女の子のアイドルは大人数でしかも加入と卒業を繰り返す。そりゃあ13歳の女の子と25歳の女性が同じ服着て踊れるわけがないんですよ。やるべきでもないし。

 

そうなると、卒業後どうする?って話になって(ファンになったばっかりのくせにもう卒業にまで思いを馳せてしまうタイプのやつです)、女優とか、モデルとか、歌手とか芸能界に残りたい人と、次の道を見つけて芸能界からは去る人とに分かれる。

芸能界から去るといっても、アイドルと学業両立してた人はいいとして、アイドルに全部捧げてたタイプの人はなかなか厳しそう(年齢にもよる)。かといって、じゃあ芸能界で生きていくぞ!って言っても女優やモデルの枠がそんなにあるわけでもない。さあ、どうする!

 

私はアイドルへの門をもっともっと狭くした方が良いのに、と思います。合格者全員がとびっきりの美人じゃなくていいし、踊りが下手な子も合格して良いけど、今日本にアイドル何人いるの??ってレベルで増え続けるアイドルに対して、その子達が数年後に食っていけるポジション少なすぎるでしょ。本当は受け皿がないのにホイホイ合格させるより、その子の人生考えたら最初の門で振り落としてあげる方が優しくない?あとは20代半ばを過ぎてもアイドルグループとして活動できる道が出来るといいね。

 

今って握手会やSNSでアイドルを身近に感じられる時代だけど、私はやっぱりアイドルは手の届かない存在でいて欲しい派だし、それ相応の選抜をして欲しいです。言い方は悪いですがアイドルグループに入ったはいいけど陽の目を見ない100人分の衣装代があれば、選ばれしアイドルにいい衣装着せてあげられるじゃん、と思うわけです。

モー娘。を見ていると、何この服!?と思うことが多いんですよね。単純に衣装さんのセンスがないんだとしたら即刻別の人にして欲しいし、予算が足りないんだったらやっぱり人数減らした方が良いと思う。メイクやヘアアレンジだって、毎回プロを雇えないなら事前にメンバーに教育を施すべきだし、自分で勉強しないのが悪いってスタンスだと売り上げ良くならないし、結果また予算が少なくなる。悪循環!

 

あと冒頭でも言ったように、平均年齢若すぎてびっくりします。私は小学生がアイドルするのは全力で反対です。これはジャニーズでもそう。若いのに写真集で水着にさせるのも嫌ですね。これに関しては18歳以下にやらせるべきじゃない。だって、女の子向けのファッション誌の水着とは訳が違うじゃないですか。高校生の女の子が明らかに胸寄せて谷間をアピールしてる写真はどう考えてもおかしいし、それを喜んで買う層がいるからって発売して良いの?と思います。

これはハロプロとは全く関係ないんですが、昔応援していた子(まだ高校生)がグラビアに出るようになって、実はFカップでした!って水着着てるのが哀しかったです。本人が嫌がってる感じは見受けられないし、確かに知名度も上がったけど、やっぱり未成年にやらせることじゃないと思いました。明らかに性欲の対象になるからです。ファッショングラビアなのにそういう見方をする人もいる、とかのレベルじゃなくて、そうなる事を期待してアングルや水着を決める撮影がなぜ許されるのか。本人がやりたくてもやらせちゃダメでしょう。人気出たいなら水着にならないと、みんなやってるよ?なんて言われたら判断能力失う子もいるだろうし、そもそも子供が大人の性欲の対象になるのはとても不快です。

 

何だかマイナスな話題ばかりになりましたけど、基本的には穏やかな気持ちでMVを眺めて楽しんでいます。ジェラシージェラシーと魔女っ子メグちゃんが特に好きです。

 

 

 

ジャニーズのネット解禁…

最近amazonなどでCDやDVD・ブルーレイのジャケット写真が解禁されましたね。嬉しい。探しやすいし目に留まりやすい…はず(笑)

 

The ONES

 (サブリミナルV6。 The ONESはマジでオススメ)

あとは映画やドラマのSNS公式アカウントは写真解禁して欲しいです。キャストみんなで撮ったよ!みたいな写真すら入らないの何か悲しいから(テレビ誌見とけと言われればそれまで)。

 

今のところジャニーズのタレントが公式で(プライベートは知らん)発信できるのは月額324円のジャニーズwebのみ。中には学生で親の許可がおりないから見られない!なんて人もいるでしょうし、TwitterInstagramを始めて欲しい人もいるでしょうが私は月額324円のジャニーズwebという形態に満足しています。

 

ジャニーズがそれぞれ個人でSNSを始めたら何かしらトラブルが起きるのは目に見えてるじゃないですか。誰々の方がフォロワーが多い=人気!それなのに待遇が悪い!みたいなファンの怒りから始まり、〇〇って人が載せてたのと同じ景色が写ってる!匂わせだ!とか、不用意なツイートして炎上させたり、アンチに襲撃されたり。想像できるトラブルを挙げだしたらキリがないレベル。それを事務所が全員分マネージメントするのはとても労力がいることだと思うし、そうまでしてやらなきゃいけないことか?と思ってしまいます。なんせ人数多いし。

 

ただ、グループごとに公式アカウントを作って、CDやDVDの発売やテレビ出演の宣伝をするのに使うなら効果的で良いと思います。いくらホームページをカッコ良く仕上げても元々買うつもりだった層以外の人に訴えかけるには弱い。それならSNSで宣伝した方が興味なかった人の目にとまる確率が上がる気がします。

 

広報気取りのファンが動画やら写真やら音源やらを載せちゃう現状を考えると、公式側で手を打つ方がいいはず。あとはyoutubeにPV載せて欲しい。最悪フルじゃなくてもいいから。ちょっとバージョン変えるとかでも良い。ジャニーズ事務所のネットへの対応の遅さは重々承知だし、権利を守るためだったり、ビジネス戦略だったり色んな理由があるのはわかる。でも現代社会、特に若者に対するネットの影響力の強さを無視しないで欲しい。上手いこと使って欲しい。

 

 

もともとジャニーズアイドル達のSNS利用推進派ではなかったんですが、新しい地図の活動を見て思いの外引いてしまった自分がいまして。ファンの方が喜んでるならいいと思うんですが、私はこの形は望んでないなと再確認しました。特にV6やKinKiというベテラングループを応援しているのもあって、彼らに置き換えて考えるとお、おぉ…ってなりました(説明下手かよ)。今の時代テレビだけじゃないのはわかるし、youtubeSNSも見るし使うけど…これじゃない…感。ファンの方にはブチ切れられるかもしれないけれど、年齢的にも事務所を辞めたjrがやるなら分かる…けど…って思ってしまいました。まあ、辞めたjrと比べてお金のかけ方が違うんですけど。

 

 

そんな訳でジャニーズにはもっと現代社会に適合して欲しい!と思う一方で、古いままでいてくれ!とも思ってしまうただの面倒な奴です。

私がJrファンを辞めたわけ

Jrファンを辞めてからも一応少クラは毎回見てるし、ネットで動向もチェックしてるんですが本当辛いっすね。

 

 

このブログはV6とKinKi Kidsのファンになってから作ったもので、最初にチラッとキンプリ界隈応援してたと言った記憶があります。キンプリって言ってもキングかプリンスかでかなり違いますよね、色んな意味で。

私、プリンス推しです。

キングの3人もキライではないし、勝つんだwinで沼入りしてるんで当時はマジでクリエA()でデビューするに違いない!!!!と思ってました。夏にはキンプリになって、なんか分からんけど六本木までクリアファイル買いに行ったし。色んな番組の合間にチラッとサマステの宣伝する6人のために全番組撮った上で、テレビの前で勉強してみたり。結構頑張ってた記憶。ちなみに当時はプリンス推しというより、正確には神宮寺推しでした。

 

勝つんだwinで沼入りして、平野神宮寺間で迷いました。どっちのファンになろう…どっちものファンになろうかなとか。でも、単純に神宮寺の方が顔が好みなのと、頭良さそうだなと思ったので神宮寺ファンに落ち着きました。頭良さそうというのはいわゆる勉強できるとかじゃなくて、人として賢いか否かです。平野も人として賢いけど、どちらかというと本能で賢く振舞える人なイメージなので。まあまだ若いのでどちらも賢くないこともしてるだろうけど。神宮寺は良くも悪くも自己プロデュースの人って印象。そういうとこ、好きです。

 

そんな楽しい夏を過ごし、デビューまっしぐら!Jrがデビューする瞬間に立ち会える!タイミング完璧!みたいなノリでいた私。…しかし、みなさんご存知の通りキンプリはデビューせず、というか誰もデビューせず、Jr内でグループは増え続け(時に解体され)、各グループの平均年齢は上がる一方。デビューの兆しも見えない。さらにはデビュー制度自体無くなるなどと報道されナンダコレ状態です。その間東京B少年なる新人も現れ、さっさと単独でMステ出演まで果たされ、多くのJrファンが心を持っていかれている…そうです、疲れ切ってるんですよ!JrもJrファンもゴール見えない戦いをしてるのに、あの報道が本当なら今まで目指していたゴールはなくなって、どっか別のところにあるゴールを探すところから始めなきゃいけないという地獄。

 

Jrにハマった頃体調がかなり悪くて、沈んだ気分で毎日を過ごしていたので、同世代ながらキラキラしたイケメン達が眩しくて、面食いなんでイケメン見るのが楽しくて元気もらってたんです。雑誌が見たい!という動機で外出できたり、夏の六本木へ行ったり。本当、感謝してます。でも、だんだん元気が貰えなくなりました。先が見えなくて、同じユニットだったキングとの差もどんどん広がって、元気もらいたくて、楽しみが欲しくて応援しているのに元気もらうどころかモヤモヤし始めました。

 

それでもデビューすると信じてたので、とりあえず現デビュー組で推しを決めて、そちらをメインにしつつデビューまで横目で応援。デビューしたらファンに戻ろう!と決意。元気をくれそうな新たなジャニーズ探しが始まりました。Hey!Say!JUMP!にしようかなと思い始め、録画してあったFNSなんかを漁っているうちに、V6に出会い(長いので省略)気がつけばおじさんグループの虜に。仮の居場所を探すうちにJr沼から足を洗ってしまいました。少クラは見てるし、あ!神宮寺の髪型良い!とか、前髪長いー!切ってー!とか楽しんでるけど、何だろう。雑誌買わなきゃ!とは思わないし(V6とKinKiはアホほど買ってる)、真夜プリも見なくなってしまった。

 

あの夏、6人がデビューしていたら私は神宮寺勇太のファンを辞めなかった。ファンを辞めたのも神宮寺のここが嫌になったからとか彼にマイナスの要素を感じたからじゃない。今のJrの体制に疲弊しただけ。ジャニーズ一強の時代なんてとっくに終わってるし、今で通りのデビューは難しいのかも知れないけれど頑張っているJrとそのファンがもう少し報われる形はないのか?と思う。もちろん、アイドルはビジネスだからやりたいことが何でも出来るわけじゃないのはわかってるんだけど。

無茶したな、V6。

キャッチコピー最高かよ…。V6もジャニーズ事務所avexも無茶しすぎだよ…。

 

never

はい、最高!音楽の日で初披露されてから、シブヤノオト、lovemusicでもパフォーマンスされた曲!ダンスが好きすぎる。音楽の日で初披露にしてあの揃い具合に震えました。繰り返す言い訳と嘘のダンスの揃い方好きすぎてそこだけリピートし続けたら母に止められました。シブヤノオトで剛健パート来たときは変な声出ました。くぁー!とか叫んだ。PVもダンスを堪能できるのですが、健くんの衣装!せめてパンツだけでもピッタリしたのにして欲しかった!踊る曲はスッキリした衣装にしてもらえると喜びます。剛くんの踊りはやっぱり惹きつけられます。PVはフルではなかったのでそこもちょっぴり残念。コンサートに期待です!(行けないけど)この曲がリード曲の時点でThe ONESに対して信頼しかない。

 

刹那的Night

言葉遊び楽しい!PVも好きです。岡田くんプロデュース曲ですが本人曰く人を集める役割だったとか。その結果がこれって素晴らしい人脈…。人との繋がりって大事ですね(友達少ないけど気にならない人間)。健ラヂでますむーさんと健くんが刹那的Nightで遊んでたの楽しかった。まさかのMステで披露!あの西陣織衣装を着てくるのだろうか。良いけど、あのスタジオで西陣織…想像するとシュールです。楽しみ! …はい、もうMステ終わりましたね。結果、最高!!正直、初めの方はこれファンは良いけどテレビ向きだったのか?とか思ってたんですけど、間奏のダンスーー!惚れるしか!長野くんの足が恐ろしく綺麗に上がっていてこの人1年で1000件食べ歩きして何故この体型を維持できるの?何なの?本当に人間なの?と思ってしまいました。あと健くんのダンスやっぱり好きだ!

 

SOUZO

このアルバムの中で一番好き!!とにかくPVが好み。衣装かわいい!マイクもかわいい!最初の岡田くんのソロカットの時点であ…これは…!!と思ったけど想像以上だった。マサの叫びには笑った。全編を通してふざけてるんですよ。でも、カッコいい。カッコいいとダサいが絶妙にマッチしている感じ最高。健くん可愛い!あ、剛健⁉︎恋弾⁉︎長野くんかわいい!ラップ…好き…!!イノッチのステップ〜!ご、ご、ご、剛くん!!!(察して)健くん×直美ちゃんに目がいきがちだけどその横のイノッチと岡田くんの動きもおかしい…。あと、この衣装だと坂本くんの脚の長さが際立ってて本当に好み…She's comingのパートとか本当天才。PV観てないとなんのこっちゃって話ですけど、PVを死ぬほどオススメするんでほんと、初回A買って…。

 

Beautiful World

懐かしい!もう1年、まだ1年!好き!メイキングで剛健が剛健してたな…とか、特典映像ユルすぎて笑ったなとか思い出しました。ピースフルな曲ですよね。

 

Cloudy Sky

今回のアルバムからワイドショーで最初に解禁されたのがこの曲。嫌いじゃないんだけど、正直え?これリード曲?と思ってしまった自分がいました。単純に私の好みの問題で、Can't Get Enoughとかカッコいい系の方が好みなんですよ。カッコいいV6が好きで、ピースフルなV6も好きだけどうーーーん。って感じ。が、蓋を開けてみたらneverがリード曲だったのでこの曲も普通に好きになりました(笑)メイキングの剛健が剛健で本当に剛健で最高でした。

 

DOMINO

好き!アルバム曲でしか出来ない冒険感が好き。コンサートでやるとどうなるのか楽しみすぎる。なんか、イノッチの声が印象に残った曲だったな。好き。

 

Round&Round

長野くんプロデュース!聞けば聞くほど好きになるタイプの曲。あとPVの剛健のビジュアルが好みすぎてツラい。長野くん自身も言われることがあるって言ってたけど本当にV6って存在するの?ってよく思うもんな。

イノッチの心はウタカタのウタカタ部分がめっちゃ好き。イノッチの歌い方がツボにぐさっとくることが良くあります。そういうときは何となく井ノ原くんと呼びたくなります。あと健くんに幻想なのか現実なのかって歌わせたのが最高…。

 

Remenber your love

健くんプロデュース曲です!健ラヂで聴いたときから、健くんの僕もそうあろうと思うよパートがめちゃくちゃ好きですね。PVも健くんのビジュアルがドンピシャ(ん?いつもドンピシャな気がしてきた)で、衣装やセットの雰囲気も好み。ただ、踊らないのー⁉︎と思ったのも事実。雑誌情報によるとコンサートでは踊るみたいなので楽しみ。この曲はみんなの歌声がすごく好きだなと改めて思える曲です。

信頼と実績の三宅健大先生ですね!これからもついて行きます!

 

会って話を

トニセンの上手さ、巧さ、美味さ、旨さが(笑)詰め込まれた曲や…。トニセンの落ち着いた声が好きだーー。なんかホッとするし、キュンともする。晴れときどきファームという神番組を見るようになってからトニセンの中では圧倒的に長野くんびいきなんですが、やっぱり坂本くんとイノッチも好き!選べない!(選ぶ必要ないけど)V6の時とはまた違った雰囲気になっていて好きだな。

 

Answer

坂本くんプロデュース曲!V6の最大の武器とも言えるダンスをあえて封印した曲。うーん。カッコいいぜ!マサさん!この曲で踊るV6も見たかった!見たくないと言ったら嘘!でも、歌だけで魅せるV6もカッコいいと思うし、あえてその道を選んだところに坂本くんのプライドも感じたり。私は基本的に踊るV6が好きで、とにかく踊ってるところがみたいんですがこの曲がコンサートだとどんな感じかすごく楽しみにしています。

 

Can't Get Enough

こういうシングルで攻める姿勢、最高っす。結果的に売上も良かったわけだし(4形態あったのもある)、今後もシングルでも攻めていってほしいな。このPVが好きなのでブルーレイで入手できたのは嬉しい。剛くんの髪型好き。

 

Get Naked

カミセンーーー!現役ーーー!と叫びたくなる曲ですね。V6みんなバリバリの現役なんですけど。そもそも現役って叫ぶ意味は自分でもわからんけど。まず、冒頭の健くんのでも俺にメロメロなんでしょだけでもう…はい!その通りです!としか言いようがないし。剛くんの男は目で恋に落ちやすく 女は耳で恋に落ちるでは、はい!確かに今耳で恋に落ちました!って名乗り出たくなる。あと岡田くんのBarometerの歌い方がハチャメチャに好き。キターー!ってなる。ていうかこの曲もトニセンの曲もPV出して欲しい(PV集が無茶しすぎでもはや感覚が狂っている)。ていうか今のカミセンでget nakedっていう写真集出さない?ダメ?トニセンの会って話をっていうフォトエッセイ集とカミセンのアーティスティックな写真集同時発売!とかしてくれたら買うよ?

 

ボク・空・キミ

剛くんのプロデュース!はじめて聴いて剛くんの出だし、エフェクトに気づかなかったときは笑いました。PVは映画仕立てで、何かの始まりなのか何かが終わったのか色んな捉え方ができる感じで好き。剛くんメインって感じのPVですごく新鮮。全曲PVを作ったからこそできる挑戦って感じ。剛くんの歌い方が好き。

 

COLORS

普通にいい曲!ぶっちゃけCan't Get Enoughが好きすぎて次のシングルまたこういう感じね?とか思ったけどPVのラスト好きだな。

 

レッツゴー6匹

井ノ原くんプロデュース曲です。タイトル出たときザワつきましたね。メンバー紹介曲来たか⁉︎と思ったけど違った(笑)でも好き!はじまるよーの時点で心を掴まれた…。イノッチが撮影した剛くんが可愛い。イノッチが階段に這いつくばってたのは謎だったけど。はじまるよーと終わりますーもコンサートでやってるのか気になる。可愛いのに可愛いだけじゃなくてホッコリする。キミは気がついてるかな? 歴史ちりばめたことって歌詞好き。

 

The One 

neverから始まってThe Oneで終わるアルバム最高かよ。PV見てると、あー本当に無茶したな、V6!!って思えて嬉しい。これからも適度な範囲で無茶して欲しい(笑)あと健くんのビジュアルが良すぎる。好き…!ってなる!歌ってるとこ早く見たい!V6ファンになって良かったです!

 

 

全体を通して本当に無茶していて本当に好きです。コンサート頑張ってくださーい!

 

 

 

今でもKinKi沼がオススメな理由

去年こんな記事を書きました!

 

 

21日にはいよいよデビュー20周年を迎え、少年倶楽部プラミアムに未満都市にLoveLoveあいしてると大忙しな1日でしたね!それに加えて銀魂も公開中ということで、最近KinKi Kidsに興味を持った方も多いのでは!

 

ということで、KinKi沼にはまりかけているあなたにオススメの沼への飛び込み方をご紹介します!諦めて飛び込んでね!

 

1 コンサートDVD

昨年発売の2015-2016 コンサート通称乙コン(ペンライトの形が乙にしか見えなかったため。詳しくは検索)はシングル曲多めなので、分かりやすいと思います!MCもバカみたいに長くて楽しいです。オススメ。

 

そして、7月12日に発売されたばかりのコンサートDVD、We are KinKi Kids Dome Concert 2016-2017 TSUYOSHI&You&KOICHI(Youはファンじゃなくてジャニーさん説)は今のKinKi Kidsが目一杯味わえます!

昨年発売したシングル薔薇と太陽では、剛さんの膝の故障をきっかけに、光一ダンス、剛ギターという斬新なスタイルを確立しました。そこからの流れなのか、2015-2016のコンサートと比べて、最早衣装を合わせる気が無くなっているのがわかります。でも剛くんのスカートすき(関係ない)。

また、このコンサートではそれぞれのソロも披露されています。光一くんはダンスや照明にこだわったステージを、剛くんは昔のソロ曲の他、バンドメンバーを巻き込んだセッションを披露しています。このセッション、かなり長いので初めて観る方、驚かないでね(笑)それぞれのソロにギターで参加したりもしてます。KinKiのソロ活動は色々複雑なので、これは非常に珍しいケースです!これをきっかけにそれぞれのソロの沼に飛び込むのもアリですね!

 

2 シングル!

最新シングルThe Red Lightは久保田利伸さんが提供しています。剛くんの耳の関係で、歌番組でのプロモーションがなかったのであまりピンとこないかもしれませんが、これがもうめちゃくちゃカッコいいです。初回A(PV付き)もしくは通常盤(カップリング2曲収録)がオススメです。

 

そして、…ちゅよしでお馴染みのGyaoでは過去のシングルのPVも見られます(ショートバージョン)。順次フルバージョンも公開されますし、硝子の少年と愛されるより愛したいにはほぼ愚痴のようなコメンタリーもありますのでぜひ(他の曲も順次公開)。

 

3 アルバム

KinKi KidsのアルバムはA albumから順にリリースされており、現在N albumです(10周年の時はφというタイトルでした。これもオススメ)。N albumでは、堂本兄弟の元レギュラーでもあり、KinKiの友人でもあるミュージシャン堂島公平さんが共同プロデューサーを務めています。堂島公平×KinKi Kidsは素晴らしいので興味ある方はぜひ調べてください。カナシミブルーを作ったのもこの方です。

最新のNアルがオススメですが、懐かしのあの曲を聴きたい!という方も多いと思います。そんな方には、Single Collectionや39というアルバムをオススメします。いやいや、KinKiといえばバラードだろ!って方にはBallad Selectionもオススメです。愛のかたまり聴きたいぞ!って方に朗報です。上記3つのアルバム、全てに収録されています(笑)Mアルバムでは愛のかたまりをリアレンジしたバージョンも収録されています(ただでさえ重たい歌詞がこのアレンジによってますます重く感じられます)。

 

4 ブンブブーン

KinKi Kidsって昔は堂本兄弟やってたけど今はレギュラーないんでしょ?なんて思ってるあなた!あります!日曜のお昼1時半から30分、ゆる〜いロケ番組やってます!(地域によって違うのでその辺はごめんなさい)ゲストのやりたいことをやる番組なのに、冒頭から暑いだの寒いだの興味ないだのボヤきます。だんだんノってきます(笑)2人の掛け合いも楽しいです。KinKi気になるなーって状態でこの番組見たら90%の確率で沼に沈むと思うのでオススメです。

 

 

去年、今こそオススメ!って記事を書いたときは20周年記念キャンペーンで活動増えるからオススメ!って書いたんですが、それも終わってしまった今KinKi Kidsとしての今後の活動は未定(少なくともファンにとっては)です。が!しかし!現在2人での共作曲を製作中なんて話もあります(本人談。なんならイベントで一部披露済み)。2人ともKinKi Kidsとして前を向いていることは確かだと思うので、安心して沼にハマって下さい。

ただ、KinKiファンの他にそれぞれソロしか好きじゃない人やもう1人を憎んでるレベルの人まで色々いるのでネットで情報収集する際はご注意下さい。どっちのファンもたまにヤバい人います。そこだけ注意すればめちゃくちゃ楽しいです。基本的に新規のファンにも優しいコミュニティなので、安心です。

 

 

合言葉は、金なら出す!です(笑)

We are KinKi Kids Dome Concert 2016-2017 TSUYOSHI & YOU & KOICHI(初回盤) [Blu-ray]

2015-2016 Concert KinKi Kids(通常仕様) [Blu-ray]

The Red Light(通常盤)

N album

 

頑張るアイドルに思うこと

ジャニーズを応援していると、あー自担がこんな頑張ってるから自分も頑張らねば!という気持ちになることが少なくありません。それ自体はとってもいいことだけど、頑張る自担を崇拝するあまり、思考回路がヤバくなってる人もいます。

 

例えば、光一くんは雑誌やラジオで無理して頑張れ!と言うし(もちろん自分もやった上でですが)、健くんは去年骨折しても舞台に立ち続けたし、挙げだしたらキリがないぐらい我々が応援しているジャニーズは頑張ってるんですよ。怪我しても熱が出ても舞台の幕は上がるし、ファンも待っている。その状況を考えると彼らからすれば頑張るのは当たり前なのかもしれない。それに関してはプロである彼らが判断したことだし文句を言うつもりはありません。

 

ただ、それをファンが美談として拡散してエピソードだけを一人歩きさせるのは危ないと思うことがあります。ジャニーズに限らず、他のタレントさんでも、スポーツ選手でも同じ。受け取る側が、リスクは無視して頑張りのみを手放しに称賛し、他のタレントや選手にもそれを求める時が一番怖いです。苦労や逆境を美談にしすぎるのは問題だと思います。もちろん苦労したことない人なんていないし、努力で逆境を乗り越えるのは素晴らしいけど、無理することは必ずしもプロ意識であるとは言えないはずです。

 

例えば、KinKiの剛くんは膝が悪いんですよね。それもあって、光一くんのような踊り方でコンサートを行うのは厳しい。その中でも演出と自分の膝の調子と上手く折り合いをつけてやっているのに、光一くんは怪我した時でも舞台をやり遂げていたのに甘えだ!とネットで叫ぶ人がいるわけです。こんな人と組んでいたら光一くんが可哀想!早く解散しろ!とか。まあ、単にアンチしたいのが根底にあるんでしょうけど、その思想って怖いですよね。Aくんが出来たんだからBもできるはずでしょ、という考え方。AくんとBくんは別の人間だから、得意なことも違えば、心身の状況も違うんです。何度でも言うけれど、無理することは必ずしも素晴らしくないです。頑張ることと無理することは違うから。

 

光一くんも健くんも、無理したせいでその後怪我が治らなかった、なんてことは起きなかったから良かったけれど、もし無理して頑張ったことで悪化していたら?光一くんと健くんに限らず、熱があるのに、怪我をしているのに無理をして、取り返しのつかないことが起こったらどうなってしまうんでしょう。もし、体調不良で出演や公演を取りやめたら、その日に観る予定だった人はガッカリするでしょうし、文句を言う人もいるかもしれない。でも、その人たちのために頑張ったことでその後出来なくなるリスクもある。

 

そして、それを受け取る側の私達も考えなければいけないのでは、と思います。他の人に押し付けるのももちろん迷惑ですが、対自分でも気をつけないと。冒頭で述べたように、〇〇がこんなに頑張ってるんだから自分だって頑張ろう!と思うのはとても良いことだけど、行き過ぎると怖いです。頑張るのは大切だけど、過度の頑張りは時に身を滅ぼすと思っているので。

 

アイドルしろ、タレントにしろ、スポーツ選手にしろ頑張る姿はやっぱり美しいし、観客の励みにもなる。でも、受け手によっては間違った影響を及ぼしかねないのも事実。時には勇気ある辞退も必要な気がします。そして、それを甘えだとか、ガッカリした、なんて言わずに受け止められるファンでいたいです。

 

 

今、私の応援している堂本剛くんは突発性難聴の治療のため入院中です。どの程度の症状なのか、どの程度で治るのか現時点ではわからないけれど、とにかく焦らず、ゆっくり治して欲しいと思っています。デビュー20周年記念で、いろんなことが同時進行で動いていて、たくさんの人やお金が動いているから、今後の予定をいきなり全て取りやめにするなんて出来ないのも分かります。分かるけど、やっぱり体を一番大事にして欲しいですね。光一くんも、体にはくれぐれも気をつけて欲しいです。最近2人とも痩せてる気がする…初めのうちはシュッとしてて素晴らしい!とか思えたけど、ちゃんと食べてちゃんと寝て下さい!!と思うようになりました。健康第一。これに尽きる。

 

心配はつきないし、The Red Lightの披露を楽しみにしていたので残念な思いもある。でも、テレ東で長瀬くんや太一くん、西川さんと、日テレでは松潤や相葉くんたちと歌って笑う光一くんを見て和みました。やっぱり笑顔ってすごいですよね。Anniversary、最高でした!